はな組は、だから生まれました。

はな組代表の、博多玲子です。


集英社の女性誌の編集に長年携わり、「LEE」「メイプル」「marisol」などの女性誌では、創刊から担当しました。「メイプル」では、別冊で京都の食をまとめた「京都食楽手帖」、九州の「温泉と器の旅」などのムックも作りました。


アラフォー以上の大人の女性が対象でしたので、スペックが高い、よりクオリティの高い記事を作るために、日本各地に食、旅、民芸工芸の取材に行きました。そこで様々な人やものに出会う機会がありました。それは私の財産です。


名須川ミサコさんという、ピュアな魅力満載の友達がいます。もともとお互いに旅好きだから、いろいろなところへ一緒に旅行しました。海外はドバイ、トルコ、ポルトガル、ペルーへ。日本は実に様々なところへ行きました。温泉、トレッキング、花見、紅葉狩り、雪見、山菜採り、そば打ち・・。


彼女はライターの仕事をしているので、やはり全国を回っています。私も仕事柄、日本各地へ行く機会に恵まれました。食べたり飲んだりするのもお互いに好きです。


そうして、行く先々で美味しいものに出会ったら、素敵なもの作りをしている人に出会ったら、「これいいのにね。みんな知ったら大喜びだよね」などといつも言いあっていました。


その思いが長年積み重なって、「じゃあ、自分たちで情報を発信しようよ。そして、実際にそのものを体感していただきたいから、ネットストアをやろう」となりました。


博多と名須川の名前の頭文字を合わせて「はな組」。


私たちの蒔いたタネから芽が出て、花を咲かせ、多くの方のもとに幸せが訪れますように、との願いも込めています。開店するのは、日本一小さなwebのセレクトショップです。丁寧でまっとうな作り手さんのものを、紹介したいと思います。


ジャンルは、食、民芸工芸などを中心に、生活をより豊かに楽しくしてくれるもの。自分たちで作り手さんのところを訪ね、しっかりこの目で見、話を聞いて取材し、実際に使ってみて、自信を持って情報やものを発信したいのです。その背景にある文化や、作り手さんの思いもきちんと伝えながら・・・。


慣れないことだらけですが、まじめに誠実にやります。うっかりでボケまくりの2人組ですが、笑いと日本のいいものを伝えたいという思いは、まっとうです。本日が「はな組」のスタートの日です。みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。


「はな組」代表

 博多玲子

はな組web soreはこちら

はな組 公式サイト

「はな組」とは、編集者・博多玲子と、ライター・名須川ミサコの2人で始めた地方活性応援ユニット。地方の魅力を伝えるべく全国各地をまわり、“ニッポンのお宝” と言える美味や手仕事を発掘。それらをイベントやホームページ、ECコンテンツなどで伝えています。

0コメント

  • 1000 / 1000