ワインの神様に会った!

塩尻はブドウの名産地です。そして、ワインの里でもあります。



ブドウ栽培の標高が高いところで850m。火山灰質の水はけのいい土壌で、日照時間が長く、寒暖差もあって、ワイン用ブドウの栽培に適した土地。現在、塩尻には9つのワイナリーがあります。


長野県産のワインの8割は、ここ、塩尻で造られたものです。今回は、ちょうど収穫の繁忙期だったため、ワイナリーの取材は無理。せめてブドウ畑の撮影をと、塩尻市・桔梗ケ原にある「林農園・五一わいん」を訪ねました。



ちょうどたわわに実る時期、黒ブドウ、白ブドウなどが見渡す限り広がります。「五一わいん」は、長野県で最も古いワイナリーです。明治44年に創業者・林五一さんが桔梗ケ原でブドウ栽培を開始し、大正8年にワインの醸造を始めました。



今はシャルドネ、メルロー、コンコード、ナイアガラなど、約10種類のブドウを育てています。主力はメルロー。



今や桔梗が原を代表する品種ですが、昭和27年に、現社長の林幹雄さんとお父様の五一さんが、山形のワイナリーから持ち帰ってこの地に植えたのが始まりでした。敷地内には、樹齢60年を超える県内最古のメルローの古木があるというので、さっそくブドウ畑へ。



すると、小柄なおじいちゃんが、ブドウ畑の真ん中にある山小屋風の家からひょっこり出てきて、周辺のコスモスを摘み始めました。もしかして? と近寄っていくと、それは御年89になる、現役の林幹雄社長さんでした。


お会いしたいと思っていた方でしたので、思わず両手で社長の手を握りしめて大騒ぎするアタシたち。その後、林社長は古木のところまで案内してくださり、説明してくださいました。



「このへんはとても寒くて、木が凍ったんです。この木の幹の真ん中が空洞になってますが、これは凍害で細胞が死滅してできた隙間です。真ん中は凍っても、この木は生きたんですね」



この一本の木から、ブドウ20キロ、ボトル20本分のワインが造られています。還暦のメルローは凍って木の真ん中が大きく縦に割れたまま、ブドウを実らせる。



ブドウの生命力ってすごいな。そして、メルローよりはるかに年上の林社長は、まるで、ブドウの精みたいな存在感で今日もブドウ畑の世話に出ています。今回はいろいろな塩尻ワインを飲む機会に恵まれました。「五一わいん」の2001年ものは特にため息が出るくらい美味しかった。



林社長、これからもお元気で美味しいワインを作ってください。


「林農園・五一わいん」

長野県塩尻市大字宗賀桔梗ケ原1298-170

売店

営業時間 8:30〜17:00

定休 年末年始

電話 0263-52-7911


はな組online shopはこちら↓

hanagumi web store

はな組 公式サイト

「はな組」とは、編集者・博多玲子と、ライター・名須川ミサコの2人で始めた地方活性応援ユニット。地方の魅力を伝えるべく全国各地をまわり、“ニッポンのお宝” と言える美味や手仕事を発掘。それらをイベントやホームページ、ECコンテンツなどで伝えています。

0コメント

  • 1000 / 1000