富山・石田さんの湯谷米

「親父の代から引き継いで作っているから、僕でもう40年くらい作り続けているかな」

富山県南砺市の高地で栽培される石田さんのお米は、「湯谷米」や「小又米」と呼ばれるご当地でも大人気のブランド米です。



湯谷や小又は温泉地としても人気の土地。かの地の清らかな湧き水で育った稲は、甘みと粘りのあるお米になります。



「平地では1反あたり20キロくらい収穫できますが、うちが作っている高地では14~5キロしかとれない。でも、標高が高くて寒暖差が大きいから米に締まりがある。そして、粘土質の土が粘りのある米を作るんですね」と石田さん。現在は、800アールもの田んぼで米を栽培しています。



「生産者さんたちが年をとって作れなくなったからと頼まれて。元々の田んぼの倍くらいの面積で米を作るようになったね」



収穫は、30キロの米袋1500個分にもなるとか。が、そのほとんどはご当地でなくなってしまう。今回は、特別にはな組に分けていただきました。農薬や除草剤は使わず、7月の虫が出る季節に1回だけ防除剤を使用するそうです。それも、清らかな土地で作られているからこそ。



「山手の米はおいしいと言ってもらえるから作りがいもあります」

新米を炊けば、噛むほどに旨味を感じる絶品のごはん。おかずはいらないくらい、とびきりのごちそうです。ぜひ召し上がっていただきたいお米です。


ご購入はこちら↓

hanagumi web store

はな組 公式サイト

「はな組」とは、編集者・博多玲子と、ライター・名須川ミサコの2人で始めた地方活性応援ユニット。地方の魅力を伝えるべく全国各地をまわり、“ニッポンのお宝” と言える美味や手仕事を発掘。それらをイベントやホームページ、ECコンテンツなどで伝えています。

0コメント

  • 1000 / 1000