小原典子さんの木の大きめのボウル

小原典子さんは高知県安芸市在住の木工作家さん。その作風はおおらかかつ繊細。有機的な形がとても素敵なのです。すでに、まろやかな形のヨーグルトカップや非常に口当たりのいいスプーンはご紹介しています。



が、はな組のイチオシは実は小原さんの大きめの作品群。今回は、大きめのボウルやプレート、そして新作のボードをご紹介します。



初めてアトリエに伺った時、大きめのボウルがいくつか飾ってありまして、そちらに目が釘づけになりました。エンジュ、朴、山桜、メープル、ブラックウォルナットなど、それぞれの木の特徴を生かしたシンプルな肌合い。木の実のような、葉っぱのようなオーガニックな形がとても気持ちのいいボウル類。テーブルに置いただけで存在感を感じます。そう、まるで森や林の中の木がそのままあるように・・・。



特にゆるやかなカーブを描いた浅いボウルは他では見たことのない形です。使い方は自由。サラダを盛っても、フルーツを盛っても、例えばグリーンの枝物や草をざっくり入れても、くるみなどの木の実を入れても合いそう。



そう、なんでも受け入れてくれる懐の深さが魅力なんです。ブラックウォルナットのプレートは底を厚く仕上げていてかっこいい。単なる食器なんです、というのを拒否している清々しさ。これはまた、どんな料理を盛っても多分何割か上げてくれる器です。



新作は、彫刻が施された美しいボード。手で彫るのはたいへんな作業なそうですが、小原さんはひとつひとつ丁寧に手で彫りあげていきます。こんなにきれいな文様を彫り込んだボードもほぼ見たことのないデザインです。



存在感があり、こちらもチーズやパン、ドライフルーツ。シュトーレンやパネトーネ、スコーンなどの焼き菓子類を盛るとすごく似合います。ナチュラルな色と濃いブラウンの2色。どこかクリスマスに合いそうなデザインでもあります。



ずっとずっと愛用して使い続けられるもの。これは作家さんの力がそこに込められたからだと思います。みなさまも、お気に入りの一枚を見つけてくださいね。



ご購入はこちら↓

hanagumi store



小原典子プロフィール

1961年 高知県安芸市に生まれる。

1981年 奈良芸術短期大学 デザイン科 卒業

1982~1983 同デザイン研究室 副手勤務

1984 同デザイン専攻科 修了

1984 高知に帰郷

1993 高知県安芸市に木工房〔 遊木民 〕 設 立

1996~2010個展を中心に活動する。高知大丸、他ギャラリー等

 〔 木工品の他に水彩画、版画含む〕

 〔1997 高知県立牧野富太郎記念館内、展示室のテーブル、イス制作〕

 〔1999 朝日現代クラフト展 招待〕

2010 OHARA WOOD WORKS ギャラリー開設

2013 クラフトフェアまつもと 出展

2017 ヴィレッジ〔高知〕 出展

現在に至る。


ご購入はこちら↓

hanagumi store

はな組 公式サイト

「はな組」とは、編集者・博多玲子と、ライター・名須川ミサコの2人で始めた地方活性応援ユニット。地方の魅力を伝えるべく全国各地をまわり、“ニッポンのお宝” と言える美味や手仕事を発掘。それらをイベントやホームページ、ECコンテンツなどで伝えています。

0コメント

  • 1000 / 1000