スイーツのための器 eat sweets

白くて華奢で、しかも洗練されたデザイン。一目見て、eat sweets の食器に魅了されました。一つずつ違うデザインの小皿、マカロンプレート。


変型の楕円皿のクッキートレー、ブランチプレート。


縁の浅いスクエアプレートも使いやすそうです。



さらに、探してもなかなかいいものが見つからない高さのあるケーキスタンドやアイスクリームカップの数々。


eat sweetsの食器は、まさにスウィーツのために作られたシリーズです。


この食器を作っている「山加商店」は1913年の創業以来、100年以上にわたり、洋食器一筋を作ってきました。最初は商社としての創業でしたが、1961年には工場を建設し、洋食器のメーカーとして家庭用、レストラン用の食器を作り続けてきました。



本社は、岐阜県東濃地方で、志野、織部焼きの発祥地として安土桃山時代から陶磁器の生産地でもあります。JAPAN MADE。日本の技術力と美意識を表現した食器を、というコンセプトで作られたこのシリーズで、洋食器の老舗がスタイリッシュな器を完成させました。そのデザイン性の高さは、iF Design Award 2017受賞、また、メゾン・エ・オブジェに出展して大好評を得るなど、海外からも評価されています。



eat sweetsは、セセラという世界最高級の天草陶石を使用し、白磁本来の白さを表現。また、従来の白磁の器の約30%も軽く、薄くしたことでエレガントなデザインを実現したのです。そして、洗練されたデザインは昔からある和食器のオマージュでもあります。そんな理由で、今に生きるスタイリッシュな食器が生まれました。



eat sweetsは、ティータイムを豊かなものにしてくれます。しかも、クォリティの割に価格はリーズナブル。何枚かセットで揃えて使いたいものです。ギフトにも最適。ぜひ、あなたのティータイムにお使いください。

ご購入はこちら↓

hanagumi web store

はな組 公式サイト

「はな組」とは、編集者・博多玲子と、ライター・名須川ミサコの2人で始めた地方活性応援ユニット。地方の魅力を伝えるべく全国各地をまわり、“ニッポンのお宝” と言える美味や手仕事を発掘。それらをイベントやホームページ、ECコンテンツなどで伝えています。

0コメント

  • 1000 / 1000