高知のミシマ・ワイナリーさんに会いに行く→高知イベント@おきゃく

イベント当日。

「ミシマ・ファーム」の山中敏雄さんが高知から上京してきてくださった。



「土佐酒造」の奥様もいらしてくださる。


山中さんのワイン作りや本日のメニューの説明を聞きながら、乾杯!

メニューは以下の通り。長年、高知一の料理旅館の板長を務め、高知の食材を熟知している山下料理長が考えてくださったものだ。



りゅうきゅうの酢の物

四方竹の田舎煮

カツオ入りクリームチーズ

イタドリのきんぴら


藁焼きカツオの塩たたき

ウツボのたたき


ブリの叩きと生しらすを葉にんにくのぬたで


茄子のたたき

土佐あかうしのステーキ


高知こだわり米の土鍋ご飯と味噌汁




うつぼのたたきなど、なかなか食べられない料理もあり、山中さんのワインに合うったらなかった。いらした皆さんは、山中さんのワイン作りに驚き、飲んでそのおいしさに驚く。



土佐酒造さんは有名なので、飲んだことのある方も多いと思うが、参加してくださったほぼ全員が、高知の山中さんのワインを飲むのは初めてだ。



中でも、発酵についてとても詳しい料理家で、韓国食材の会社も経営なさっている崔誠恩先生は、作り方や味わいに共感して、「ミシマ・ファーム」の賛助会員(?)にさっそく入会なさった。本物の味を知っている人は、本物を作っている人を見分けられるのだ。


これからも、はな組は、山中さんのワインを皆さんに知っていただくためにできるお手伝いをしたいと強く思っている。また、今年、みなさんに「ミシマ・ファーム」のワインを飲んでいただく機会を楽しみにしている。

文/博多玲子

はな組 公式サイト

「はな組」とは、編集者・博多玲子と、ライター・名須川ミサコの2人で始めた地方活性応援ユニット。地方の魅力を伝えるべく全国各地をまわり、“ニッポンのお宝” と言える美味や手仕事を発掘。それらをイベントやホームページ、ECコンテンツなどで伝えています。

0コメント

  • 1000 / 1000